Welcome to

Restore Card

LED照明のメンテナンス!!照明と器具の寿命は別物

  • Post By:
  • Date:

器具と寿命のバランス

ランプの交換というのは非常にやっかいで、高齢者や一人暮らしの女性には一苦労なんてこともありますよね。その点、LEDの光源寿命は一般的なものでも40,000時間はありますから、従来品よりもはるかに凌駕します。ただし、光源寿命がのびたとしても、照明器具の寿命がのびたわけではないですし、正しく使われなければ、性能も保たれなくなるでしょう。そのため、LED照明を正しく理解し、器具寿命やメンテナンスについても考えておくことが大事になります。

LED照明器具のタイプ

LED光源の実用化で従来にはない、様々な照明器具がみられるようになり、主に、2つのタイプに分類されます。ひとつは、従来の照明器具同様にランプを搭載したもので、器具の形状も従来品と大差なく、ランプ単体でも販売されているので、既存の器具でもランプ交換するだけで利用可能です。もう一つは、光源一体型で、様々な器具の形状が可能で、放熱を考えた設計がしやすいことがメリットとなっています。薄型の小型形状の器具はLEDだからこそできたデザインといえるでしょう。

こまめにメンテナンスを

通常、ランプを交換したら使い続けることができましたが、LED光源一体型器具の場合は、LEDが寿命を迎えると、器具ごと交換しなければなりません。LED照明の平均的な寿命で考えれば、1日10時間、毎日、点灯したとしても10年は持つでしょう。しかし、10年たったら一体型の場合、器具ごと交換が必要になります。基本的に器具にも寿命というものはありますので、それを考えれば、どちらのタイプでも10年たてばいろいろなところが劣化することにかわりないでしょう。正しく安全に使うにはメンテナンスを心がけ、LEDの寿命が長くても、器具の内部劣化により、明るさは落ちてくるので、こまめに清掃を心がけたり、照明設計の段階で手の届きにくい場所への設置をさけることも大事でしょう。

夜間等にもはっきりと視認することができるledパネルは便利な広告です。もし、そのために新しいものが欲しいのなら、專門業者に依頼してみると、希望通りのサイズやデザインのものが見つかります。