Welcome to

Restore Card

「有名税」では割り切れない!誹謗中傷対策で自分の身を守る

  • Post By:
  • Date:

自分のサイトで対処する方法

人は社会的に目立つ存在になるほど、誹謗中傷と言う不名誉な事態にさらされる事になります。例えば自分が何の罪も犯していないのに、ネタとしてもてはやされている特定人物と同一視され、ネット上で笑われてしまう事などがあるのです。不特定多数の人達から誹謗中傷を受けた場合法的に動くのは難しい場合がありますが、そのような時は誹謗中傷対策としてまず声明を発表しましょう。自分のブログやサイトで警告しておくだけでも効果があります。

法的に動いて誹謗中傷対策をする

インターネットで行なわれる誹謗中傷の中には、自身の身辺に存在している人間が情報を書き込んでいる場合があります。もしも特定の人物しか知りえない情報が流出し、誹謗中傷が行なわれている場合、まずは公的機関に相談してみましょう。こうしたケースでは法的に動く必要性も生まれますので、場合によっては弁護士事務所に相談するのが一番です。また法務省に動いてもらう事によってインターネット上の書き込みを削除する事もできるのです。

自分の「これから」を考える

世間的に有名な人がSNS等によって不特定多数の人達と繋がろうと思った場合、必ず一度は見知らぬ人に誹謗中傷されるのが一般的です。できるだけこうした不快な事態を避けたい場合、SNSで書き込む話題は厳選するようにしましょう。個人的な政治思想や社会問題に対する価値観を披露した場合必ず「敵」が生まれますので、誹謗中傷は免れません。SNSを使ってこれから名を上げて行きたい場合、できるだけ話題は無難なものにする事が大切です。

巨大匿名掲示板の2ちゃんねるでは、匿名性を利用して誹謗中傷の書き込みがされることも少なくありません。そういった投稿を削除するのは難しいため、2ちゃんねる削除の際には弁護士に相談することが大事です。